Mizuho's Home Page

 

知っておきたいアメリカの制度~アメリカで快適に生活するために

日本とは違って、自分のことは自分で責任を取る、というアメリカ。
そのため、アメリカで生活しようとする人たちには知っておいたほうがいいと思うことを
日本からアメリカに移住した私の経験からまとめてみます。

 

目次


医療保険制度

年金制度

税金と確定申告


私の経験

 

 

医療保険制度



医者、病院などは様々な保険会社のネットワークに入っている。自分の通っている病院が自分の保険のネットワークに入っている場合、自分が支払う医 療費は安くなる(保険が負担する)。ネットワークに入っていない場合(out-of-network)は、高い医療費を払わなくてはならない。

つまり、自分の行く病院が自分の保険のネットワークに入っているか(自分の保険を受け付けるか)、行く前にチェックする必要ありということ。


保険のプランにはいろいろあるが、HMOとPPOの2つがメイン。

・HMO Health Insurance Plans
-ネットワークに入っている病院や医者に会わなくてはならない。Out-of-networkの病院に行くと保険がきかない。
-まず、プライマリードクター(PCP)に診てもらわなくてはいけない。必要ならPCPが他の専門医を紹介する。 

・PPO Health Insurance Plans
-MHOより医者や病院を選択するのに自由。Out-of-networkのところでも保険がきく。(ネットワークに入っている場合よりは高いけ ど。) 
-MHOとちがい、PCPに会わなくても直接専門医などに診てもらえる。


自己負担の払い方、Deductible, coinsurance, copay。

Deductible
•    A deductible is the amount you pay for health care services before your health insurance begins to pay.
決められた額(deductible)に達するまでは、医療費は全額自分で払い、それ以降は保険がきく。
例)もし1500ドルdeductibleだったら、病院や薬局の費用は1500ドルに達するまでは全額自分で払う。1500ドルを超えたら、そ れ以降は保険がきく。

Coinsurance
•    Coinsurance is your share of the costs of a health care service. It's usually figured as a percentage of the amount we allow to be charged for services. You start paying coinsurance after you've paid your plan's deductible.
かかった医療費に対して決まったパーセントのお金を支払う。
例)70%払うっていう保険ならどんな治療についても30%が自己負担。(日本の保険みたいなもん)

Copay
•    A copay is a fixed amount you pay for a health care service, usually when you receive the service. The amount can vary by the type of service. You may also have a copay when you get a prescription filled.
医療サービスについて一定の決められた額を支払う。それぞれの医療サービスによってその額は違う。
例)医者の診察にcopayが25ドルと決められていたら、自己負担は25ドル。ある治療についてcopayが50ドルと決まっていたら、実際に かかった費用にはかかわらず、自己負担50ドル払う。


もう一つ、保険で重要なこと。Authrization

Prior authorization (PA) is a requirement that your physician obtain approval from your health insurance plan to prescribe a specific medication for you. PA is a technique for minimizing costs, wherein benefits are only paid if the medical care has been pre-approved by the insurance company.

医者は治療プランについて、保険会社の了承を得ないといけない。それに従っていないと、保険が出ない。

例1)、医者がAさんに、この手術をしたい、と言っても、保険会社が必要ない、といえば手術できない。したら、保険は出なくて全額負担しないとい けない。
例2)、Bさんが病気で、保険会社が1)食事、運動療法、2) 薬物治療、3)手術、と言ってきたら、まず1を試し、それでだめなら2)薬を試して、それでもだめなら3)手術という方法をとらなくてはならない。いきな り、手術という方法は取れない(保険が出ない)。
例3)、Cさんが入院していて、完全に回復していなくても、保険会社が5日で出なさい、もう必要ないといえば出なくてはならない(それ以上保険は 出ない)。

同様に、処方箋についても、保険会社が保険がきくものときかないものを決めている。たいていジェネリックには保険がきくがブランドにはきかない。 医者や薬剤師はそれを考慮して処方しないといけない。

つまり、保険会社が治療方法をコントロールしているということ。


国の保険 Medicare, Medicaid

Medicare
seniors 65 and over – and some younger people with disabilities 65歳以上と身体障害者
Medicaid
public-assistance program for needy Americans of all ages低所得者で社会的保護が必要な人

Medicareには4つある(PartA~D) 
それぞれがカバーしているもの

PartA (Hospital Insurance):
inpatient hospital stays, care in a skilled nursing facility, hospice care, and some home health care

PartB (Medical Insurance):
certain doctors' services, outpatient care, medical supplies, and preventive services

PartC (Medicare Advantage Plans): 
all Part A and Part B benefits + Health Maintenance Organizations, Preferred Provider Organizations, Private Fee-for-Service Plans, Special Needs Plans, and Medicare Medical Savings Account Plans
Most Medicare Advantage Plans offer prescription drug coverage

PartD (prescription drug coverage): 
prescription drug coverage to Original Medicare



ちなみに、
医療費が高いのは、病院がふっかけて、実際の何倍もの高い金額を請求してくるから。保険会社が、「それ高すぎだろ。安くしろ。」と交渉して安くな る。それに対して保険と患者が払う。だから保険に入っていないと、とんでもない高い金額を払わなくてはいけなくなる。もっとも、個人でも交渉でき るらしいが難しい。それで今は、交渉だけをやってくれる保険会社とかもあるらしい。